マンガ・アニメ

『薬屋のひとりごと』お見逃しなく!無料で読めるのはどこ?

薬屋のひとりごと』について語ろうじゃないか

薬屋のひとりごとの漫画はどこで読める?
後述の電子コミックがおすすめ!
薬屋のひとりごとの原作はどこで見れる?
→同じく後述する!
薬屋のひとりごとは面白い?
ネタバレなしとネタバレありで感想を書く

薬屋のひとりごとの漫画は?

ebppkjapanがおすすめ
薬屋のひとりごとは全9冊
今なら1巻が無料で読める!

今すぐ読む読む↓

 

薬屋のひとりごとの原作は?

薬屋のひとりごとの原作はラノベ
ebppkjapanで読めます

原作を今すぐ読む↓

ネタバレなし感想

これは舞台設定は中世かな?
王国のようなので現代はありえない
ましてや未来なんてとんでもない

薬屋ということだけど
薬局的なイメージじゃなくて薬師
今でいう薬剤師的な感じかな
薬を作れとか言われて薬を作る
それって、あれか。ポーションとかエリクサーとかを
調合してリンカネーションを作れとかそういう類か
なるほどなるほど

ん?それって薬なのかと思う物がでてきて
それちゃうやろてのもでてきて
さてさて 毒と薬は紙一重なんて言葉があるけど
使用量を間違えれば薬も毒になるし、毒も薬になるらしい

自分の知識や経験が役立てるというのはいいね
薬の知識・スキルで上に行くという

驚いたのは薬をつくるのにああいうことをしてたってこと
自分を犠牲にしてああいうことをするのか
そこまでするのかって感じ

それって薬?

薬師と言いながら実際に登場する薬がまた薬といっていいのかどうかというものばかりで面白い
食べろの次は作れと言われ
調合というよりあれはひょっとして調理ではないか、
いやおやつづくりorお菓子作りか
あれは薬なのか
カカオなのかココアなのかチョコレートなのかコーヒーなのか豆なのか

(出典:薬屋のひとりごと)

甘いものを作ろうって勢いだけど
甘いものや旨いものが薬になるならいくらでも食べたい
「良薬は口に苦し」という言葉があるようにふつうは薬は苦いはずだが
酒も百薬の長なんて言われるけどこれは人や量によるだろうし、
欧米なんかじゃ「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」なんていうし、
それを言ったらこの世界のものはなんでもかんでも薬になってしまう

それって毒?

薬屋というのは薬屋だけ薬だけでなく毒にも詳しいらしい。
毒なのか薬なのか匂いや味でわかるのか。すばらしい知識で驚愕
そして薬を作る際に毒で試すというのは初耳だが実際そうなのかな?
食べ物が毒、いや、毒な食べ物があったりするのでそれをチェックするのが薬師の仕事か。なるほどなるほど感心感心

こんな薬あったら…

薬師としての知識に目をつけられて昇進するけど
薬ではどうにもならないもの、
薬屋でも治せないものがでてきたりして興味深い
美しく…か、なるほどなるほど
こんな薬あったらいいな系のものを想像してしまう
勉強ができる薬とか
金持ちになる薬とか
両想いになる薬とか
そんな薬があれば是非とも飲んでみたい

アニメ化は

それにしても薬屋のひとりごとは
作中で難しい言葉がたくさんでてきたので
アニメ化する際どうするんだろうとちょっと気になった次第
意味を調べると結構ゾーニングしなければならない類のものだったりするのでもし放送するとしたら深夜かな?
原作や漫画を読んだ人なら入っていきやすいけどアニメが初見だったりすると意味を考えるのがちょっと大変そうではある。このあたりは工夫してほしいかな。いずれにしてもアニメ化を実現してほしいところである

ネタバレあり感想

主人公の名前が猫猫と書いてマオマオ
どうやら日本人ではない設定らしいな
キャラデザは日本人っぽいのに!
洗濯していたらいきなり人さらいにあって後宮で働くことになったけど、それってこの世界じゃ合法なの!?(驚)

毒と毒見

二人の妃が喧嘩していてお子さん没の原因が最初は呪いだなんだと言ってたけど、原因は身近なだったというのは、なんだか怪奇事件を解決しているみたいで薬屋というより探偵って感じ
ひぐらしみたいなホラーから推理系にジャンルがシフトしたイメージで面白い

(出典:薬屋のひとりごと)

その後は毒見役に抜擢。
薬師なのに毒やら毒見やらと薬とは逆の方向にスカウトされていてなかなか興味深い。毒と薬は紙一重なんて言葉もあるし、薬屋は毒にも詳しいということか。いろんな諺を連想させて楽しい展開って感じ

ホレ薬

その後は媚薬を作れと頼まれて作ってみたのがチョコレートとは可笑しい
チョコレートは恋の媚薬というわけか(笑)
なるほどなかなか凝っているな

(出典:薬屋のひとりごと)

幽霊騒ぎは実は夢遊病のフリをした詐欺っていう話は
二重にフェイントがかかっていて凝っているな
幼馴染と結婚するために夢遊病のフリをしていたというわけか
ホラーから恋愛系にジャンルがシフトしてこれまた面白い
当然のことながら夢遊病を治す薬はないし、
恋愛成就の薬もない(たぶん)
そんな万能薬があったら是非ともほしい
薬屋といいながら薬の枠を超えた話に展開していてなかなか面白い

ひとりごと

さて本作のタイトルは『薬屋のひとりごと』で、ひとりごとというのはもちろん猫猫のひとりごとのことだけど、独り言と言いつつ心でそう思っているだけで、実際に声に出してブツブツ何かを言っているわけではない。逆にブツブツぼそぼそ独り言を言っていたら傍から見たらかなり怖い人だろうw ヤバい人だと思われるww しかし内心でつぶやいているだけなのに壬子にはボディランゲージで猫猫が快く思っていないことがバレバレだったことは面白可笑しかった。猫猫は薬や毒の知識を生かして超越した部分で活躍していくのか、あるいは猫猫と壬子の恋愛の話になるのか今後の流れが楽しみって感じ

おわりに

こんな感じ
ユニークな話で面白い
本日はここまで
最後まで読んでくれたアナタは偉いっ
おしまいっ

薬屋のひとりごとを今すぐ読む↓

ABOUT ME
とらすりべ
これまでマガジンは全く読まず、ジャンプは毎週ワンピースしか読まないほど漫画と縁がない生活を送ってきたが、コロナ自粛をきっかけにハンター×ハンターや鬼滅の刃を動画視聴してアニメにハマり始める。にわかなりにブログで発信しますので応援よろしくお願いします。 Twitterもやってます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA